So-net無料ブログ作成
私とPOD ブログトップ

PocketPOD [私とPOD]

みなさんお元気ですか?私はあまり元気ではありません。
お返事かけてませんがコメありがたく拝見してます。。

そうそう、こないだ仕事中にWEBをみてて、
ちょっと気になってた赤いヤツを勢いで購入しました。
(ストレスで通販買いまくる漫画家みたいw)


赤いヤツはPocketPODです。17,800円。
トップ絵のPodXTとならべるとその小ささがわかります。
機能的にはPOD2と同等で、パラメーターもほとんど同じです。
音はPOD2とXTの中間みたいなカンジで、
XTに慣れてる身としては少し全体的にボヤけた感じます。
とはいえ、この手のひらサイズでしっかりPODの音がするので
費用対効果、建蔽率からいっても十分に満足できるレベルです。


ジャック類はインプット側としてAUX in(CD/MP3in) 、Guitar in、DC9Vin。
アウト側はアンプに繋げる用でキャビネットシュミレートなしのAmp Out、
ヘッドフォンやライン録音用のシュミレーションありのDirectOut(Phone)。
左側面miniUSBはついていますが、これはPCの外部サウンドデバイスの機能はなく、
Vyzex Editorという専用のソフトを使って内部パラメータを変更するためのものです。

PocketPODの難点でもあるのですが、
本体での音作りには制限があります。(すべてのパラメータにアクセスできまない)
音色のエディットはこのVyzex Editorというソフトで行います。
UI的にはグラフィカルで要素はPOD2と同じなので、
適当に音色つくったらsynchボタンでPockketPODへ書き込みます。

まぁ1行しかないディスプレイで全部設定するのはしょせんムリなので、
PCでさくさく音つくったほうがいいでしょうね。
また音色はLine&6のカスタムトーンというサイトからもDLできますので、
そっちから選ぶのも手っ取り早い気がします。

ところで、、、
実はPODこれが3台目ですw。(アイタタ・・)
Pod2→XT→Pocketの順です。

PocketPODを買った一番の理由は「電池駆動」です。
今、私のマイブームは電池駆動なんです。
その理由はまた後日。

PocketPODはコチラからドウゾ。レビューも書いてみてはいかがでしょう?

LINE6 Pocket POD

LINE6 Pocket POD

  • 出版社/メーカー: LINE6
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

POD2 (Line 6 PODversion2) リードギター音色 [私とPOD]


珍しくエントリー連投、筆マメでない私が珍しいです。
まぁ、春ですから、ヘンになってもしょうがないでしょう。

まぁいいです、本題にいきましょう。
昨日POD2が好きだと書きました。
いつもお世話になってるpunchさんも「POD1を探していた」とのこと。
POD1は持っていなかったのですが、会社にコロがっていたのをタマに使っていました。
私はPOD2になってから買ったので厳密に並べて比べたことはないのですが、
当時の個人的印象だと、POD2になって音がクリアになったように感じました。
レンジが広がって音ヌケがよくなり、ピッキングのニュアンスもよく反映されるような印象でした。

次にPODxtですが、これはPOD2と完全に別モノだと思います。
POD2と同じ音を作ろうと思ったのですが、xtではムリでした。(あくまで個人意見です)
ちなみにこのブログにアップしてある音源で聞き比べるのであれば、
ElectricDreamはPODxtの音、仰げば尊しがPOD2の音です。
アンプタイプは同じline6 Tread Plateでセッティングもほぼ同じです。

今回はxtの前世代を支えた(今でも売ってるよォ)POD2に関して特記してみます。
■POD2の良さ
よく言われるように、PODがロック系のギタリストから支持を得たのは
2つのアンプモデルによるところが大きいと聞きます。私もそう思います。
・Tread Plate
・Modern Higain
Tread Plateは1994Mesa Boogie Dual Rectifire Tremoverb(メサのレクチですね)
Modern HigainはSoldano X88R (あのムラサキに輝くラックタイプアンプです)
上面のTAPボタンを押して選択する#2も人気だと思います。
・Tread Plate#2 (1995Mesa Boogie Dual Rectifire)
・Modern Higain#2 (Soldano SLO super lead ovedrive)

特にMesa Boogie レクチの2つは秀逸で私もコレでギターを弾くのが好きです。
私は結構歪ませるタイプなのでディストーション・ドライブ感タップリの音が好きです。
忘れちゃうとアレなので以前作って今でも気に入っている音のセッティング、
先日の「仰げば尊し」でも使った音色を残しておきます。

上側は普通のセッティング、下側は[TAP/HOLD]ボタンを押しながら回すツマミのセッティングです。
イジル部分は赤、イジラナイ部分は白のツマミにしてます。
POD2 LEAD GUITAR SETTING -TREAD PLATE-

・AMP側のDRIVEを6~7、DRIVE BOOSTをかけてノビを持たせる。
・MIDDLEをアゲてTREBLEを思い切り絞る、BASSは好みで。
・薄めのコーラスとディレイで少し立体を持たせる、リバーブは使わない。

個人的にはPODでの音作りは「ツマミを上げすぎない」ことがポイントだと思います。
ある程度歪みが得られたらそれ以上はたぶん歪みません。
むしろ「マイナス方向で調整」する方が良い音になる気がします。
特に「TREBLE」を大胆に絞りこむとリード音としてよい感じになります。
「ElectricDream」などギター1本でやるときはTREBLEを2~3。
ツインギターのパートもある「カノンロック」「仰げば尊し」とかはTREBLEを4~5。
MIDDLEを上げるのはハイフレットで弾いたときに音がヤセないようにです。
まぁダマされたと思ってPOD2の方は試してみてください。
そして単音弾いてサスティーンの音感じてください、とても気持ちいいハズです。(私だけ?)

「絞れ」とか言ってますが、オトナシイ音にする気はサラサラありません。
もうガンガン歪ませて、ガンガンサスティーン得ていきましょう。
で、他人が聴きやすい音にしましょう、っていう目標です。(笑

■POD2の弱点
ズバリ、「PC連携がウザイ」「メモリーが少ない」の2点でしょう。
PCとはmidiで接続し、専用のサウンドドライバーというソフトで制御します。
音色のエディットや切り替えなどコレでやるのですが、結構面倒です。
PODxtのようにUSBでサクっと差してエディターもオーディオIFとして使えるワケじゃないです。
メモリに関しても「これも、いいかな、、とっておこう」とかやってるとすぐにいっぱいです。(笑
あとは各アンプにはツマミのアサインが変更されているものもあり、
本物のギターアンプをいろいろイジッてみた経験とかないと最初苦労します。
「なるほど、ここはホンモノといっしょだな」というおいしいポイントが見つけにくかったりします。
あとフットペダル「FB4 (8,500円位)」を持ってるとラクだと思います。

いろいろ書いたワリにはセッティング1つだけというお粗末さですが(笑
PODxtもいいですけど、POD2もまだまだ捨てたもんじゃないですね。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
私とPOD ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。